読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『 統計技師への道 』

読書と実践:メモランダム

統計学:入門4

読んだ。

統計学入門 (基礎統計学)

統計学入門 (基礎統計学)

 

まさに『教科書』といった感じ。

所々に興味深い現実例を載せているので感覚的にも理解しやすかった。

 

ただ、7章の式の意味(特に重積分や2重和あたり)が勉強不足もあり、なんとなくの流し読みのようになってしまった。もう少し、微積分、線形代数多様体などの基礎力をあげておきたいと思う。

 

 こちらも読んだ。

 岩波データサイエンスvol3『因果推論』の著者の一人が出した本。

非常にわかりやすく、あっという間に読めた。

 

内容は因果推論の手法を研究例をあげながら紹介。

昨年のJT国立がん研究センターとの受動喫煙と肺がんに関するやりとりにも触れていて思い出して笑ってしまった。

また、メタアナリシスやランダム化比較試験(RCT)、欠測データの取り扱いについても今後勉強していくつもりだったので良い導入本になったように思う。

理学系の人間としてはやや足らない感じもしたが、実験経済学や因果推論をさらに深く学んでみたいと思わせてくれる一冊だった。

 

それから気になった記事を発見。

research.googleblog.com