『 統計技師への道 』

日々の学びを残すブログ

バイオサイエンスの統計学 + 医療関連

読んだ。(そしてこれからも読む)

バイオサイエンスの統計学―正しく活用するための実践理論

バイオサイエンスの統計学―正しく活用するための実践理論

職場の書棚にずっとあったもの。(新品同様だった(-_-))
とても良い本。検定ごと説明に図を多用し、症例を多く載せているためイメージしやすい。
論文の読解や作成時にそばに置いておくと良いかも。ただ高い本(そして重い本)なので個人では買わないと思う(買えない)。



記事
かくしてプログラミングは生物学者の必修科目となった。
wired.jp
読んだ。
ちょうどPythonをググってて見つけた。
やはりプログラミングはスキルとして必要だと感じた。
ただ追求するあまり『視野狭窄』にならない程度のスキルとして身に着けておきたいと思う。


鉄欠乏性貧血に迫る。
scienceportal.jst.go.jp
読んだ。
まぁ、なんとなく知ってる内容でわかりやすかったので。



論文など
学会資料
【発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)診療の最前線】
【遺伝子変異からみた骨髄増殖性腫瘍】
【骨髄異形成症候群の遺伝学的基盤について】
【アンチトロンビンレジスタンス:新しい遺伝性血栓性素因】
血友病治療の進歩と展望】
知人から借りて読んだ。最新の血液疾患の研究内容。
そろそろ、『WHO2016分類』の訳書が出てきそうなので期待してる。



雑誌
次世代データ解析:ビッグデータ解析を視野に入れて
【臨床検査領域におけるビッグデータの活用と課題】
【健康医療データを用いた大規模データマイニングに向けて】
【臨床検査領域におけるビッグデータの意味とその活用に必要な統計学視点】
【医療・健康分野で求められるデータベース構築と効率的検索システム】
【DPCなどの医療ビッグデータ分析の現状と課題】
職場の書棚にあった。
医療ビッグデータの活用についての紹介。臨床検査に関連する『うす~く、ざっくり』といった内容。たぶん、ビッグデータという『バズワード』の流行りの影響を受けたために書かれた特集だったんだろうと思う。
そもそも、医療は【サイエンス】+【統計学】の世界なので奇跡(偶然)を極力取っ払った分野。『奇跡的な回復』なんてものはないだろうし、健康診断の結果表にある基準範囲なども今までのデータの蓄積からなるもの。いまさら何を?といった感じだった。