『 統計技師への道 』

日々の学びを残すブログ

保健医療分野におけるAI活用推進懇談会pdf:(17/6/27)

ざっくり読んだ。

 

資料:保健医療分野におけるAI活用推進懇談会

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10601000-Daijinkanboukouseikagakuka-Kouseikagakuka/0000169230.pdf

 

 昨年、AIの医療応用に対してとある会社の偉い人が『専門家(医療職)でもない人たちが作っていることが問題だ』的なことを言ってる記事を読んだことがある。

当時、『あぁ、こういう人が足を引っ張るのか~』と思ったことがあったが、関係なく突き進んでいるようでなにより(^_-)-☆

 

適当に読んだ感じだと使用する場面としてはやはり画像診断・ダブルチェックといったアシストが主。

以前興味があって載せたgoogleのがん組織のAIによる鑑別の記事を思い出したが、もうできていたりするのだろうか。(使えるレベルになった場合、病理医は解剖、臓器・組織の切り出しと診断に、検査技師は標本作成までの工程をただひたすら専念という形になるのか…さらなる省力化&薄給化にはなりそう)。

上述pdfのなかには他に『バイオインフォマティシャン育成』や『保健医療関係者がデータサイエンティストとしてAIの開発に携われるよう、デ ータサイエンティストの育成プログラムを策定する』など記載されてる。今後は現場の人間もシステムの長所・短所を知るためにも統計学やプログラミングは必要になってくるだろうな。

 

ま、来るときに備え武器は揃えておかないとね(^_-)-☆

 

あと、門外漢のど素人目線で疑問が2つ。

1つ目は責任の所在。見落としちゃった・間違っちゃった的なことになった場合。システム作った業者も責任とってくれるのかな? 

2つ目は『規格』的なもの。あっちの病院のAIは優れているけどこっちの病院のAIはダメとか差があっては意味がない。全施設で完璧で安定した結果を出すにはISOやら腕時計のクロノメーター規格みたいなものも必要になってくるのかな? 

いろいろメンドクサソウ等々、なんとなく思った。