『 統計技師への道 』

日々の学びを残すブログ

python3

最近、同業でもpython3やR、SQLを勉強してる人が出てきているみたいで、頑張ってみようと思い勉強を再開。一昨年、昨年と『Deep learningごっこ』をやってからやや遠ざかってしまっていたのでpython3を基礎からやり直しをした。前回インストールしたanacondaのver.から大分経っていたので、再度インストールし直してから始めた。

 

ここ1~2ヶ月ほど読んだ&やってみた本。

Pythonチュートリアル 第3版

Pythonチュートリアル 第3版

 

感想:pythonの取扱説明書。一通りの動作を確認しながら精読したが、後でネット上に転がってるのを発見。買う必要はなかった(リサーチ不足で無駄遣い)。>>>https://docs.python.jp/3/index.html

復習にはなった。

 

 

次。

退屈なことはPythonにやらせよう ―ノンプログラマーにもできる自動化処理プログラミング

退屈なことはPythonにやらせよう ―ノンプログラマーにもできる自動化処理プログラミング

 

『ノンプロでもできる』とあったので手に取った。技術書500ページ越えは途中、心が折れそうになったが一通り挙動の確認はできた。こういった使い方をしたことがなかったので新鮮で仕事や趣味でいろいろ試してみたくなる一冊だった。

後半のExcelやWord、CSV、ウェブスクレイピングなどは応用できそうなものが多く載っており、言語に対しての視野が広がった気がした。

 

 

独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで

独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで

 

 少し気になってた本だったので本屋で立ち読みしてたら欲しくなって買った。

今までpythonの入門書ばかり漁っていて『コレでできるようになったのか?』『どこまでいったら理解したといえるのだろうか?』悶々としていた時に手に取ったので良いタイミングだった。技術書というよりは独学者に対しての方向性を示してくれるような内容でこれからどう知識&技術を広げて言ったら良いのかわかりやすくまとめてある感じで良書だった。

Bash使ってみたかったけど、その環境が必要になるイメージが全く湧かなかったので、導入せずネットで調べながら読み進めるといった感じで軽く流してしまったけど、プログラマの人達はみんな使ってる物なのだろうか?(周りにプロの人達いないので知りたい…。 ubuntuにも興味あるけど、壊れたとか言う報告もあるので…うぅぅ(-_-)。)

他に就職面接の対策的な内容であったり、さらに学ぶための参考書紹介など、プログラマ入門書といった内容で勉強になった。 

 

下記は正誤表。